旭川医科大学 旅と鉄道研究会 旅鉄活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵡川(むかわ)にししゃもを食いに行く話

熊栖庵主人です。一応副会長やってます。今度は11月24日に行った鵡川(むかわ)旅行の記事です。

「旅と鉄道研究会」を称する我々は10月の襟裳岬旅行然り9月の廃線めぐり然り,旅の移動手段は鉄道に限っていないわけで,今回の鵡川旅行もまた車で行ったわけです。それもレンタカーで行きました。6人で一台の車を借りればそこそこ安いもんです。

鵡川まで何をしに行ったのかというと要するに「ししゃも」を食いに行ったわけです。
我々が普段スーパーとかで見る「ししゃも」って実はししゃもじゃないんですよ。アレは同じキュウリウオ科ではあるらしいんですが,本来的なししゃもっていうのは北海道の太平洋側沿岸でしか獲れないやつのことを言うらしいです。

というわけで真の「ししゃも」(漢字で「柳葉魚」とも書きます。)を求めに旭川を出たのは8時半ごろでしたが12時すぎには鵡川の「大豊寿司」さんに到着しました。遠いねえ。北海道にいると距離感覚が狂います。
(小生は本州出身。……というか今回のメンバー6人中で道民はたったの1人。ドユコトー)

鵡川では旬になると獲れたてのししゃもで何と寿司が食えるという話を聞いたのがそもそもの今回の旅行のきっかけだったんですが,ししゃものシーズンって10月頭から11月頭にかけてなんですよ。
もう終わってるんじゃないかという危惧の念を持ちつつ他の面子には言わないでいたのですが,店に入って尋ねてみると案の定「もう終わった」とのこと。今年は不漁だったそうです。
「あ~やっぱりかぁー」
と内心思いましたが,何と何とマスターがご厚意でししゃも寿司を出してくださいました! 「鮮度は落ちるけど」という話でしたがいやもう感謝感謝大感謝。
ししゃもの柳川風とともに大変おいしくいただきました。

CIMG11221.jpg
▲お昼を食べた「大豊寿司」さん。
CIMG4977.jpg
▲ししゃも寿司,ししゃもの柳川風とともに。
CIMG11221’
▲座敷の会員一同。

お昼を食べた後はカネダイ大野商店でお土産を見てきました。私はししゃもの一本漬けを買って帰りました。旭川の友人宅で鍋をしたときに一緒に食べましたが友人にも好評でした。
CIMG11223.jpg
▲商店の前ではししゃものすだれ干しをやっています。

その後苫小牧に移動して「苫小牧市科学センター」に向かいました。中でも目玉は「ミール展示館」ですね。
ミールといえば旧ソ連の宇宙ステーションで2001年に大気圏に突入して廃棄処分されましたが,その予備機が苫小牧で展示されているのです。入館料無料です。

そうそうC11蒸気機関車が敷地内に静態保存されていたのでせめて鉄研らしくということで写真を撮ったり中に乗り込んで楽しんだりしました。

CIMG11225.jpg
▲夕日射す運転席。
CIMG11224.jpg
▲正面から。

宇宙ステーションというのはミールも国際宇宙ステーションもモジュール一つ一つを宇宙空間に運んで接続するのですが,実際に目の前にするとよくこれだけのものをポンポン打ち上げたもんだと思います。科学の力ってすげー!

CIMG11226.jpg
▲ミール「コアモジュール」と「クバント」
CIMG11227.jpg
▲内部の一部に入ることもできます。

博物館なのでミールの他にも子供向けの展示が充実しています。プラネタリウムなんて見たの何年振りだろう……。
CIMG11228.jpg
▲童心に返ります。

展示してあるグライダーとかヘリコプターに乗り込んだりしていたらそろそろ日も暮れて旭川に帰らなくてはならなくてはならない時刻になりました。(主にレンタカーの返却的な意味で。)

日頃の学業の合間を縫って行った今回の鵡川(+ちょっとだけ苫小牧)旅行でしたが,ちょっとした暇を見つけて旅に行くのはやっぱりいいですねー。(北海道は広いのでなかなか難しいものはあるのですが……)

楽しい休日でした。ではまた他の記事ででも会いましょう。

CIMG11229.jpg
▲日没のミール展示館。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。