旭川医科大学 旅と鉄道研究会 旅鉄活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸瀬布旅行

皆さんこんにちは、今回の記事は旅鉄の夏休み旅行についてです。
7月18日に北海道遠軽町丸瀬布を散策しに行きました。参加したのは4人ほど、この時期のみんなの予定が合う日を探すのは難しい・・・。遠軽町までは新入生のH君の運転で行きました。(新入生なのに運転担当でごめん、お疲れ様でした)。

まず訪れたのは「山彦の滝」と「鹿鳴の滝」。
どちらの滝も、駐車場から歩きで山の中を進んでいく必要がありました。山の中の道はとっても自然豊か。慢性的な運動不足である筆者にとってはいくらか大変。

1_20150821195056d5c.jpg2.png3.png

しばらく山の中を進んでいくと水の音が、その方にさらに進むと、ありました! 山彦の滝です。山彦の滝はなんと滝を裏側から見ることのできる珍しい滝です、そして大きい。
滝の裏側にいると水飛沫が飛んできます、そこは涼しくとても快適でした。
この場所で涼んでいるのはとても快適でしたがいつまでも、そうしているわけにもいかず、しぶしぶもう一つの滝へ。

4_201508211951017d1.jpg

上の写真は鹿鳴の滝を背景に記念撮影したもの。鹿鳴の滝はスケールこそ山彦の滝には及びませんが、山彦の滝とは対照的に幾重にも枝分かれしながら静かに流れる滝がみられ、とても風情ある感じでした。

次に丸瀬布昆虫生態館を訪れました。
飼育されている生き物はたぶん今も子供の憧れ、日本や外国に生息するカブトムシやクワガタムシ、他にも水棲昆虫やクモなどたくさんの生き物が飼育されていました。
また壁に飾られた虫の標本もたくさんの種類があり、見応えがありました。
昆虫生体館には他にも様々な展示があり、カブト虫のギネス記録をもつ、アニキこと哀川翔さんの飼育しているカブト・クワガタムシが展示されている「アニキの森」、年中温室を自由に飛ぶ沖縄の蝶がみられる「蝶の広場」など見どころがたくさんありました。
そういや飼育員さん(?)にここで飼育している外国産のGを見せてもらえました! ゲージの中でGらしからぬ普通の昆虫のような動きをするG・・・おおきかったです・・・。

次にマウレ山荘を訪れました。今回はマウレ山荘内のレストランで昼食をとったり、温泉に入って山彦の滝を散策した際の汗を流したりしました。温泉のお湯はぬるぬるとしていて、神経痛・冷え性・美肌効果などがあるらしい。
この写真はマウレ山荘の庭で記念撮影したときのもの。庭には他に花壇などもみられました。

5.png

丸瀬布最後に訪れたのは丸瀬布森林公園いこいの森です。
いこいの公園は草原や林、水遊びにちょうどよさげな川と、とても自然豊かでしたが、それを以外にもオートキャンプ場や郷土資料館などの施設も充実していました。
まず何に乗ろうとしたのかと考えながら歩いているとどうもみなさんゴーカートが目につく様子。大学生って一周回って子供っぽいと思うことが多々あります。載せてる写真はなかなか気に入っています、見よ、この躍動感(?)。折角の休日に童心に返るのは楽しいな。

6_20150821195311567.jpg

今回の最大にして唯一(?)の鉄道要素雨宮21号について。
いこいの森には公園沿いの道路からも見える立派な蒸気機関車がありました。旅鉄でここまできたらなら乗るっきゃない! ということで、みんなで乗車することにしました。
雨宮21号は長らくこの地域で走り続けている蒸気機関車です。昔は国有林から切り出した木材や、住む人のための資源物資を運ぶ役割がありました。現在では運ぶものが人へと変わりましたが、今なお蒸気機関車の力強い姿を見せてくれます。蒸気機関はすごいなあ、さすが産業革命を引き起こしただけある、なんてことを乗っている時に思ったり。雨宮21号は一周2キロほどのコースを10分くらいかけてまわりました。
乗車後に雨宮21号を背景に記念撮影。

7_2015082119531251c.jpg

いやー今回も終始旅鉄らしかった。うん。
今回の旅行はそんな感じでした、それではまた次回の記事でお会いしましょう。
さよーならー






スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。