FC2ブログ

旭川医科大学 旅と鉄道研究会 旅鉄活動日記

天売島・焼尻島の思い出

皆様,お久しぶりです。

旅鉄副会長の欧姫月(おうきづき)です。
昨年末にコミックマーケット93で頒布した「神威」の再録にはなりますが,天売島・焼尻島について記したいと思います。


1日目 旭川~天売島

7月末に天売島と焼尻島に行ってまいりました。
参加者はこの記事の筆者,双子の兄弟2人,編入生,元編入生のOBの5人でした。
この旅行は,旭川発の始発の特急に乗ることから始まりました。車内では切符確認をしようとする車掌と,頑なに起きようとしない客の熱いバトルが繰り広げられていました。
特急を降り,深川駅で普通列車に乗り換えました。車内で窓を開けると,朝の爽やかな風が流れ込んできてたいへん心地よかったです。
さて,留萌につき,沿岸バスの佐保さんが出迎えてくれるバスターミナルからバスに乗り羽幌へ向かいました,
aImage_d4580fb-iloveimg-resized.jpg


羽幌では観音崎らいなちゃんが出迎えてくれるフェリーターミナルからおろろん2というフェリーに乗り込みました。大変快適。
Image_a8413cd-iloveimg-resized.jpg


かもめも集まる快適さ。
IMG_8569.jpg


あっという間に天売島到着です。この日,天売島では天売ウニ祭りが開催されており,大変な賑わいでした。このお祭り,買った海鮮物をその場で焼いて食べることができるのです!新鮮で大きなウニやイカ,エビ,ホタテなどの海鮮物からミルクレープ,焼き鳥,かき氷,ラムネ,酒などのお祭り気分になれるものまで揃っており,我々は早速お昼ごはんとしました。
ウニやらホタテやらイカやらの海鮮物に舌鼓を打っていると,餅撒きが始まりました。このお祭り,餅まで撒くのです。しかも参加無料。餅もその場で焼いて食べました。
お腹も満たしたので,自転車をレンタルし,我々は島一周に繰り出しました。天売島は外周が12kmなのですが,高低差が激しく,自転車での一周は一名が途中棄権するほど大変過酷なものでした。しかし,景色は大変素晴らしいものでした。
Image_b015851.jpg


Image_705dbfc.jpg


さて一周を終え,今回泊まった萬谷旅館で休憩していると,晩御飯の時間となりました。晩御飯は大変豪華!ウニが食べきれないほど!しかもホタテも!アワビも!!
Image_d3c093c.jpg


大変美味しかったです!
晩御飯を食べたあとはウトウツアーなるものに出かけました。実は天売島はウトウという海鳥の世界最大の繁殖地なのです。海沿いにはウトウの巣穴がボコボコ開いています。
ウトウは昼の間に海に出て魚を取ってきます。そして夜になると雛のいる巣穴に戻ってくるのです。とんでもないスピードで。弾丸が飛び交うようにウトウが巣穴めがけて突っ込んできました。すごいを通り越して恐怖を感じるスピードでした。
Image_6c338ce.jpg


ウトウを満喫したあとは就寝です。就寝の前に麻雀を4人でしました。眠気に襲われメチャクチャな内容でしたが,夜遅くまで麻雀は続きました。


2日目 焼尻島~旭川

2日目は天売島から焼尻島に移動することから始まりました。始まるまでが大変でした。夜遅くまで起きるべきではないですね。部屋には生ける屍がゴロゴロと転がっておりました。
IMG_8798.jpg


天売島を出て焼尻島につくと,自転車をレンタルしてまた島一周をしました。焼尻島は天売島と違って高低差は少ないものの,うっそうとした森林の中を自転車で抜けてゆきました。
IMG_8814.jpg


森林を抜けると,牧草地帯が広がっていました。焼尻島では,サフォーク種という羊が放牧されているのです。
IMG_8822.jpg


高低差がないため,楽に一周することができました。
一周を終えた後は昼食としました。昼食は,焼尻島名物のサフォークのジンギスカンを島っ子食堂でいただきました。なんとこの羊の肉は三ツ星レストランでも提供されるほどのお肉なのです!
aaaIMG_20170724_132412-iloveimg-resized.jpg


おいしかったです…!食べ終えた後,このお店の店員さんに焼尻島といえば羊以外に何があるのか,と訊いてみたところ,わかめの天ぷらがおいしいとのことだったのでそちらもいただきました。
image7199710346159.jpg


わかめの天ぷらをいただいたのは,新沼食堂。本当は閉まっていたのですが,わざわざ開けていただきました。こちらもわかめのいい香りがして大変おいしかったです。
さて,お腹一杯になったところで,旭川へ帰る時間になりました。我々は再びオロロン2に乗り込み羽幌へ向かいました。
image_7199723814639.jpg


夕暮れだったので大変きれいな景色でした。羽幌についた後は,留萌までバスに乗り,JRに乗り換え旭川へと帰りました。帰路では全員が疲れからか眠っていたため,気づいたら乗り換え,気づいたら駅…のような帰り道でした。

1泊2日の島旅行は我々の思い出に残る大変素晴らしい旅行になりました。島の方々がとても暖かく,食べ物もおいしい天売焼尻に皆さんもぜひ行ってみてください!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyokuitetsuken.blog.fc2.com/tb.php/111-d15bcc13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)