FC2ブログ

旭川医科大学 旅と鉄道研究会 旅鉄活動日記

旭温泉に行ってきました 4/28

旭温泉に行ってきました(2019.4.28)
クロガシラ
旅行の3日前、旭温泉に行く途中の道で行きたいところはあるかと今回の旅行の発案者である5年生のH田さんが聞いてくれたので、小学生の時に行って楽しかった北海道海鳥センターに行きたいと答えました。調べてみると大きくなってから行っても楽しそうなところで、段々温泉よりも北海道海鳥センターに行く方が楽しみになってきていました。

当日は朝8時半という割と遅めの集合で、楽しみで早起きしてしまったので洗濯を始めました。結果として出発前にとても焦ることになってしまいました。
4年生のE本さんは思いっきり風邪をひいており、フラフラな状態で登場しました。6年生のY本さんは安定の赤いパーカーと青いリュックの旅行スタイルで車に乗り込み、「楽しみすぎて4時に起きてしまった」と言ってH田さんを喜ばせました。まとまりのなかった車内の雰囲気がにわかに落ち着いたのを感じて、私はあらためてY本さんが4人目のメンバーになって本当に良かったと思いました。
IMG_20190428_100353.jpg

旭温泉までは片道約3時間半かかります。H田さんの運転する軽自動車でオロロン街道を車でひたすら北上し、遠別にある旭温泉を目指しました。この日はとても天気が良く、雲一つない青空が広がっていました。風車がすごい速度で回っていたり、シロサギが日向ぼっこをしていたりと、車の窓からの景色はとてもきれいで、見ていて飽きませんでした。
IMG_20190428_110517 (1)

途中の羽幌の北のにしんやさんというところで昼食をとることになりました。具合が悪くなってきていたE本さんは、あたたかい店内でジャンバーを着込み、マスクをしたままホタテカレーを食べようとして止められていました。下っ端の私はいじることもできず、あいまいに笑って海鮮丼をつつきました。
61596.jpg


旭温泉のわきに小川が流れており、小さい橋が架かっていて山道に続いていました。少し元気になったE本さんが山道を走りだし、見えなくなったので追いかけて走っていると、のどの調子が悪化したE本さんが「何もなかった。ただ風邪をひいて走るものではないと思った。」と言って戻ってきました。
IMG_5912.jpg


旭温泉は小さいながらもとても気持ちのいい温泉でした。入ったときは貸し切り状態だったので、湯船につかり足をばたつかせながらながらユニコーンの「すばらしい日々」を歌っていたら、怪訝そうな顔をしておばさんが入ってきました。何食わぬ顔をして歌うのをやめ、露天風呂に向かいました。露天風呂も開放的な空間で、今度はフジファブリックの「若者のすべて」を歌いました。部旅行なのに女子が一人しかいないので温泉は結局一人で入ることの多いたびてつですが、温泉って一人のほうが楽しくないですか。

 帰りはまず廃線の橋に立ち寄りました。電車が走っていたところなので柵とかがなく、ちょっとビビりつつわたりました。
IMG_20190428_150454 (1)


 こんな機会でもないと初山別なんていかないよね、ということでつぎは初山別の道の駅に向かいました。道の駅には丸太がいくつもぶら下がったタイプの平均台がありました。「おい、遊具だぞ行って来いよ後輩」と言いながら、H田さん(25歳)は真っ先に平均台に挑戦しに行きました。
DSC_2046.jpg

海岸のほうに行くと海岸線ぎりぎりに鳥居がありました。後でわかったことですが、ここが初山別で一番の見どころらしいです。日本海を背に立っている鳥居は本当に神様が通っていそうで、とてもインスタ映えな風景でした。写真部のY本さんは、この時が一番はしゃいでいたような、そんな気がしました。気のせいかもしれません。
IMG_20190428_155340.jpg

どうも北海道海鳥センタ―のことが忘れられているようだったので、もう一度行きたいと言ってみました。センターが閉まるのが17時、その時の時刻は16時だったのでギリギリ間に合うかと思ったのですが、どうやら行きたいのは私だけのような気がしてきて、言ったあと後悔しました。H田さんに聞かれました。
「どうしても行きたい?」
「あ、いや大丈夫です」
「でも行ったことないんだろ」
「小学生の時行きました」
「なんだよ、じゃあいいな一回行ったんだから」
ということで、そのまま旭川に帰りご飯を食べることになりました。

 帰りの車内では、謎のメンツでまさかのコイバナが始まりました。みんなで新入生の恋愛観を想像して終わりました。こんなに平和なコイバナってなかなかないので和みました。私は午前中はしゃいだせいで電池が切れかけ、寝そうになりましたが持ちこたえました。H田さんは私の兼部先の運動部のキャプテンなので寝るわけにはいかないのです。

次北に行くときはこんどこそ北海道海鳥センタ―に行きたいです。ちゃんと計画は自分で立てるから。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyokuitetsuken.blog.fc2.com/tb.php/120-d41d58fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)