旭川医科大学 旅と鉄道研究会 旅鉄活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の旅行について~天売・焼尻島~①

 みなさん、お元気ですか?会長となることが確定的な上野舞鶴です。私は解剖学、生理学、病理学に追われ忙しいです。昨夏に行ってきた離島旅行の報告をしたいと思います。話すと長くなるので今回はシリーズもので行きたいと思います。
 
1、旅の概要
 旭川医科大学旅と鉄道研究会では、7月14、15日に北海道留萌地方にある天売島と焼尻島に10名で行ってきました。
 きっかけは、ある部員が離島に行きたいと言ったからです。初めは、島と言っても千葉の某夢の島だの、やっぱり復興支援で東北の温泉だのとさまざまな案が上がったのですが、結局、比較的近いこの2島になりました。
 個人的には、北海道の島定番の海鮮丼やウニ丼は一度も食べたことがなかったのでこの機会に、とは思ったのですが、生ウニなどという高級食材は今まで口にしたことがなかったので、実際食べることができるのかかなり不安でした。

2、旅の様子
 朝7時20分、旭川駅発のスーパーカムイで深川へと向かいました。深川駅に到着後、留萌本線で留萌へと向かいました。
深川駅の留萌本線普通列車

 さて、留萌到着後、駅前のバス停から沿岸バスで羽幌方面へ向かいました。最初、駅前のバス停がどこにあるのか分からず焦りましたが、沿岸バスで羽幌まで行ったことがある経験者がいたので助かりました。
 私たち以外にも結構乗っていて、乗車率は7割といったところでしょうか。そのうち半分は羽幌まで乗っていました。この乗車率を見ていると、かつての羽幌線は別に廃線にしなくてもよかったのではないかと思います。現役の留萌本線よりはるかに、このバスの方が客は多かったです。JRや自治体は廃線にする路線をいろいろと間違えている!!
沿岸バス

 さて、バスに揺られること2時間弱、途中左手には日本海、右手には羽幌線のトンネルや橋脚、ホームなどの遺構を見ながら羽幌に着きました。羽幌のバスターミナルから、20分弱のんびりと歩いて羽幌港に向かい、ここから羽幌沿海フェリーの高速船で焼尻島へ向いました。
羽幌港のフェリー

 今回は、これでおしまいです。次号をお楽しみに!!                      上野舞鶴



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyokuitetsuken.blog.fc2.com/tb.php/25-6d25c63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。